青山鍼灸院 aoyama acupuncture clinic

鍼灸治療

鍼灸治療は、気の流れやエネルギーのバランスを整え、各自が本来持っている自然治癒力・免疫力を高めます。

鍼灸治療は、気の流れやエネルギー(陰陽・五行)のバランスを整え、
各自が本来持っている自然治癒力・免疫力を高めます。

実際には、ツボに鍼を刺したりお灸をして刺激を与え、精気を補ったり、邪気を外に出しすことにより、エネルギー(陰陽・五行)のバランスを整えていきます。

鍼 鍼 せんねん灸


体を治す一番の力は、あなた自身の自然治癒力、 その力を十分発揮できるようお手伝いをさせていただくのが鍼灸治療です。


鍼灸治療では、まず患者様の体の状態を東洋医学的にチェックいたします。
①問診(もんしん) 患者さんへのいろいろな質問
②望診(ぼうしん) 顔色や肌の状態、体の状態などを観察する
③聞診(ぶんしん) 声や呼吸の様子、匂いなどを観察する
④切診(せっしん) 脈・お腹・背中、患部などを実際に触って状態を把握する

このようなことから、患者様の体の陰陽・五行のバランス、血液の循環、内臓の状態などを、東洋医学的に判断し、一人一人にあったオーダーメイドの治療をしていきます。

当院では「本治法(ほんちほう)」と「標治法」の2段がまえの治療を行っています。

標治法

いわゆる「痛いところに手をあてる=手当て」と言っていいでしょう。標治法とは、症状があるところに対して治療をする局所治療のことです。たとえば肩が凝っていれば肩に、腰が痛ければ腰に、鍼を打ったりお灸をすえたりすることです。これにより痛みや凝りが緩和されたり、症状が改善されていきます。
ところが標治法だけだと、その時はいいけど、わりと早く症状がぶり返しやすいのです。そこで登場するのが「本治法」。

鍼 鍼 せんねん灸

本治法

東洋医学独特の用語で、「本=根本的なこと」を治療する、という意味です。
では「本」とは?わかりやすくいうと、その人の体質や体の傾向のようなものです。なぜそのような症状を引き起こしてしまったのかということの、より深い原因ともいえます。

患者様の体質や傾向を知るために、上記の①~④を行い、どのようなことが体の中で起きているのかを東洋医学的に分析し治療をします。 「本治法」を行うことにより、局所的な症状もより効果的に改善していきます。また「本治法」のみで、局所の症状がとれてしまうことも多々あります。

そして問題となる症状が再発しにくい体を作っていくことができます。

鍼をツボに刺すってどういうこと?

体には経絡という川のような気の流れの道があります。その流れは全身くまなく流れ、全身は経絡をでつながっています。そしてその経絡上にツボが点在しています。
ですからツボに気を送ると、その気が経絡に入り全身に伝わることになります。

鍼のイメージ


また、ツボと内臓で特に密接な関係があるものもあります。
たとえば、「足三里」は胃腸に効くツボ、胃腸の反応がよく出るツボで有名。 「三陰交」は婦人科系に効くツボ、子宮と深いつながりがあります。

また、背中には内臓に関係したツボがたくさんあります。 その他に、血液の病に効くツボ、筋肉の病に効くツボ、ストレスに効くツボ、骨の病に効くツボなどなどいろいろあります。

お灸

お灸で使用するもぐさは、よもぎの葉の裏の柔毛(細かく柔らかい繊維)を精製して集めたもので、100%自然のものです。この中に揮発性の精油が含まれ、燃えることにより独特の香りがします。お灸治療はこのもぐさをひねって皮膚の上にのせ燃やしていきます。

鍼 鍼 せんねん灸

火を使うことからもわかるように、お灸は温めるために有効な方法。温めるならホットパックや電気的に行う方法はいろいろありますが、ツボにお灸をすることにより、ピンポイントで熱刺激を与え、経絡(気の流れの道)に熱を的確に入れることができます。

逆に、熱を奪うために使うこともできます。たとえば捻挫をして急性の炎症がある場合、通常よりも硬く細くひねり、チクッと感じるように行います。「熱をもって熱を制す」ということですね。

またお灸をすることにより、血液中の白血球が増えることが認められています。すなわち体の免疫力がアップするということです。

鍼灸治療は何に効くの?

鍼灸治療は、肩こり・腰痛だけでなく、婦人科疾患・内臓疾患・自律神経疾患・神経疾患などさまざまな症状に有効で、WHOでもその効果が認められています。 WHO鍼灸治療適応症をご覧ください。
また、Q&A(よくある質問)にも、鍼灸治療に関することが書いてあります。ご参考ください。

鍼灸治療・東洋医学について、こちらもご参考ください。
女性の鍼灸:鍼灸治療・東洋医学